秋ドラマも近くなりましたので、今日からドラマに出演する人たちを詳しく調べていこうと思います。

 

まず最初に21日の21:00(火曜日)から始まる「すべてがFになる」に出演する綾野剛さんから紹介していきたいと思います。

 

では、さっそくプロフィールから行ってみましょう。

プロフィール

ダウンロード (10)

1982年1月26日生まれ

身長180cmと高身長
血液型はA型
体重は不明

経歴

スポンサーリンク

2000年3月、高校卒業と同時に上京。モデル・バンド活動を経て、2003年に『仮面ライダー555』で俳優デビューを果たす。

 

2004年にはドイツのPandola Film製作の長編作品『Valley Of Flowers』に出演。

 

音楽プロジェクトmr.a(ミスター・ドット・エー)において作詞・作曲を手がけ2005年5月3日、表参道で行われた
「INFECTION NOID 05-06 AUTUMN & WINTER COLLECTION」では音楽と演出を担当。

 

2006年の同イベントでも引き続き音楽を担当し、モデルとしても出演。

mr.aは2007年1月28日のライブイベントを最後にライブ活動を行わず、2008年10月に解散が発表された。

 

2006年3月、中野裕之監督の「全速力海岸」に主演、全ての楽曲の作詞作曲も担当した。

同年10月、『イヌゴエ』(テレビ神奈川・KBS京都・サンテレビ他)でテレビドラマ初主演を果たす。

 

2007年1月、長編では初主演の映画『Life』が公開、同作品では音楽監督を兼任。

(もとは自身の役作りの為に楽曲を書き下ろしたが、監督がその楽曲を気に入り音楽監督を兼任することとなる。)

サウンドトラック及び同CDのジャケットデザイン、自らの衣装も担当し、アーティスト、クリエイターとしての一面も見せている。

 

2008年、古厩智之監督作品『奈緒子』では、中高校時代の陸上経験を活かし、三浦春馬のライバル役を演じる。

走るシーンでは時速25キロ〜30キロのスピードで撮影が行われたにもかかわらず平気な顔で走ったとのこと。

 

古厩監督はパンフレットのインタビューで、「肉体的にも凄いが、とにかくすごくいいやつ」と語っているので性格も良いのでしょう。。

 

2009年、三池崇史監督作品『クローズZERO II』に出演。

中野裕之監督作品『TAJOMARU』では初の時代劇に出演した。藤原新也原作ノンフィクション作品『渋谷』では主演を務めた。

 

2010年テレビドラマ『Mother』では幼児虐待男を演じ、続いてテレビドラマ『GOLD』に出演するなど、この頃からテレビドラマへの出演が多くなったのかもしれません。

 

2012年『連続テレビ小説・カーネーション』では尾野真千子演じるヒロインと恋に落ちる、長崎弁を話す紳士服職人を演じ、認知度を高める。ユニクロのCMに抜擢される。

 

2013年ドラマ『最高の離婚』で東京ドラマアウォード2013・助演男優賞を受賞。

 

そして2014年は火9のドラマの出演が決定。

 

綾野剛は天才?

スポンサーリンク

上京してデビューから凄い勢いで駆け上がってきているのがわかりますが
多彩な才能がありすぎて、ビックリしました。

その上監督から良い奴だ!と言われるぐらいなので人付き合いも上手なのでしょう。

 

今後、いろんな知識才能を活かしてバラエティなどでも活躍がみられそうですね。

また、元々音楽が好きでLIVEもやっているみたいです。

 

好きなことができて今一番楽しんでいると思われる綾野剛さん。
これから忙しくなると思いますが、自分の時間も大切にとってもらいたいと思いました。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。