今日10/16の21時から始まるドラマMOZU Season2~幻の翼~

に出演する真木よう子さんについて調べてみました。

 

個人的にショートよりロングのが似合ってると思います。
では、さっそくプロフィールからいってみましょう。

プロフィール

images (15)

1982年10月15日生まれで千葉県印西市出身。フライングボックス所属。

身長160cm

スリーサイズ:88-59-83cm

バストカップ:Gカップ

血液型:A型

特技:陸上競技とワイヤーアクション

4人兄弟で唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つため性格は男勝りであるとわかりました。

スポンサーリンク

小学生2年生の時に安達祐実主演の『REX 恐竜物語』を鑑賞し、同世代の安達が活躍しているのを見て、芸能界に入りたいと思ったのがキッカケとのこと。

 

中学3年生の時に両親に『無名塾』入りと芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けるが、どうしても女優になりたかった真木さんは

「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!!」と父を脅し、無理やり芸能界入りの許可してもらうことを成功したと話している。

 

中学卒業後の1998年、応募者約1000人の中からわずか5人の合格者の内に選ばれ、仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾(同期に滝藤賢一、内浦純一がいる)。

 

翌1999年 – 2000年、入塾二年目にして無名塾公演『どん底』で重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢され、半年間の旅公演に回った。

仲代は『どん底』パンフレットの中で、その才能を絶賛していた。

 

しかし、少しでも稽古を多くしたいと思ったことから、合宿で日課となっている早朝の持久走を早い時間に済ませて先に発声練習をして集合場所で待っていたため

それを見た仲代がサボったと思い大激怒。納得の行かなかった真木は逆に仲代に怒り返したことから、結局そのまま退塾・帰京。

仲代さんとは2013年7月に和解している模様です。

スポンサーリンク

2005年に撮影した初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』で初めてヌードシーンに挑戦。

2007年発売の写真集『月刊真木よう子』ではセミヌードを披露している。

2006年11月、『ゆれる』で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞。

 

2008年11月10日元俳優の片山怜雄と結婚。(下に画像

images (14)この時に周囲に結婚を大反対されたこともあったが、真木自身は両親が離婚していたこともあって温かい家庭に憧れ、結婚願望が強かったことからその意思を貫き通した。

2009年5月10日、第一子となる女児が誕生。

 

2013年6月、主演映画『さよなら渓谷』の主題歌「幸先坂」で歌手デビューをする。同年11月、ルイ・ヴィトンの街頭広告のモデルに日本人で初めて起用される。

 

2014年3月7日、『さよなら渓谷』で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞をダブル受賞。

 

 

ただ一言、頑張り屋さんなんだということがわかりましたね。
演技下手とも言われているみたいですが、どうなんでしょう。
そういう味だと思えば気にならないかもしれませんね。

 

旦那さんもイケメンということもあり、美男美女だと思います。優しそうな旦那さんですね。
今度旦那さんについても調べてみようかと思います。

 

すいませんもう一言だけ・・Gカップとは・・ぁ
巨乳ですなぁ。

 

そんな彼女がでるドラマMOZU今日から始まりますので
気になった方はみてみましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!