さて昨日記事にした綾野剛さんと同じ「すべてがFになる」に出る武井咲さんについて書いていこうと思います。

 

まずはお馴染みプロフィールからいってみましょう!

プロフィール

images (13)

日出高等学校通信制卒業。

趣味、特技はバスケットボール。

名前の「咲(えみ)」は本名で、両親の「花が咲くように元気で笑顔が絶えない女の子」になって欲しいとの願いからつけられたと話している。

(ちなみに、「古事記」の天照大神にまつわる話の中で「咲」という字を「笑う」という意味で使用している。「万葉集」では「エム」の正訓字として「咲」を用いている。)

元々モデル志望で、中学入学時に両親に「中学3年の間にモデルになる」と宣言。

 

スポンサーリンク

2006年、第11回全日本国民的美少女コンテストに応募、モデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞

 

2006年11月号『セブンティーン』で非専属モデルとして「美人まゆのつくりかた」のページでモデルデビューし、これが芸能活動初仕事となる。

 

2007年2月号で、同誌の専属モデルとしてデビュー。

 

2008年には佐藤ありさ・桐谷美玲と共に「猫目三姉妹」として表紙や紙面を飾り、同年2/15号では単独での表紙への登場。

 

2010年9月より、5500名の芸能人SNSサイト「beamie」のイメージキャラクターに就任し、11月には第39回ベストドレッサー賞を史上最年少で受賞した。

 

2011年1月からのフジテレビ系ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』に800人のオーディションを勝ち抜き、準主演のキーパーソン役で月9初出演が決定。

また、4月からのテレビ朝日系ドラマ『アスコーマーチ!』で、主人公の吉野直役でドラマ初主演した。

 

2011年10月、同年12月14日発売「恋スルキモチ」で歌手デビューをすると報じられた。

武井が大ファンであると公言するGLAYのTAKUROが楽曲を制作。武井をイメージして書き下ろしたラブバラードであるという。

 

2011年11月8日、第18回ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー(2011年)を受賞。 同年12月、グッチと日本人初契約。

 

2012年8月24日の「Seventeen夏の学園祭2012」をもって、専属モデルを5年9か月務めた『Seventeen』のモデルを卒業した。

彼氏は韓国人かもしれない?

スポンサーリンク

武井さんは大の韓国好きで「生まれ変わったら韓国人になりたい」とも公言しているほどである。

 

また、理由として「東京に初めて上京した時、本当に何もわからなくて苦労したけど、そんな時テレビに東方神起が出てきて、彼らに癒された。

その時から韓国語が上手くなりたいと勉強し始めた」とも言っているとのこと。

 

そして好きな芸能人がBIGBANGやチャン・グンソク、2NE1など、韓国人タレントが多いため彼氏は韓国人を選ぶ可能性が高いと思われます。

 

さらに武井さん自身、事務所から恋愛は禁止されていますが新CMの会見の時に
「そう聞いてますけど、私の人生なんで」と言いきり、好きな人ができたら事務所関係無しに行くと思われます。

元ヤンキーの噂と整形について

調べている時に知ったんですが、武井さんは元ヤンキーなのは間違いないみたいです。

昔の画像なども見つかっていますし、芸能界に入ってからも撮影の時に
「は?そのポーズ取る意味がわかんない。」みたいな会話もちらほら出ている模様です。

 

ただ、その昔の画像や卒アル画像が出たおかげで整形疑惑は晴らされたみたいです。
しかし、その代償が重いですよね。

ある意味沢尻エリカみたいな方向に行っても合ってるかも?と思ってしまいましたね。

 

今は良いイメージの印象が強いと思うので今のままで頑張って欲しいな、と思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。