今回は今人気の熟成寿司について調べてみました!

・熟成するとどんな味になるのか

・家だとどうやって作るのか

・お店だといくらかかるか

という点を重点に調べていこうと思います!

スポンサーリンク

熟成寿司ってどんな味がするの?

ダウンロード

 

 

 

そもそも熟成寿司とは、ネタを長時間熟成させた寿司のことです。

ただ、刺身と言えば鮮度が命と言われているため不思議に思えますよね。

しかし、ちゃんと熟成することができれば味わいが深くなり食べごたえが出てくるようです。

味に深みが出る理由としては、少し寝かせるとイノシン酸という旨味成分が出るみたいで

そのシノシン酸のおかげで深みが増すということがわかりますね!

 

 

家で作るにはどうやったら?

実は熟成寿司を出しているお店のなかにはネタを2~3週間寝かせる店もあるみたいです。

熟成の方法は様々で塩締めから昆布締め、酢締め等もあり

低温保存や真空保存など、店や熟成する素材によって変化するとのことです。

 

そんなの家で作れるわけない!!と思う方もいると思いますが以前「とくダネ!」にて

マグロと鮭の熟成方法が紹介されていましたので紹介したいと思います!

鮭に関しては焼いて食べていただくようになりますので注意を

 

 

まずマグロの熟成方法からですが、用意するのはキッチンペーパー乾いた布密閉袋のみ!!

 

(1) 刺身用マグロの切り身を乾いた布で表面の水分を拭き取る

(2) キッチンペーパーでしっかり包む

(3) 空気を抜き密閉

(4) 冷蔵庫のチルドルームで寝かせる

 

とのことで、ちょっとやってみようかなーと思えるぐらい簡単ですね!!

ちなみに3日間寝かせた時が一番美味しかったという検証も出ていましたので参考に!

ただ、場合によっては色や臭いなど異変を感じたら注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、続いては鮭の熟成方法ですが用意するのはキッチンペーパーラップ密閉袋とさっきより手軽ですね!
(1) 軽く水洗いし、鮭の水気を完全に拭き取る。

(2) 手で鮭の両面にまんべんなく粗塩をまぶす。

(3) キッチンペーパーで包み、さらにラップで包み密閉袋に入れる。

(4) 皮目を上にしてチルド室で8時間以上寝かせる。

 

っとのことで特売日に購入し当日ではなく次の日の献立に便利そうですね!!

是非是非気になる方はやってみてはいかがでしょうか!

 

お店だと料金はいくらかかる?

けど、やっぱりお店で食べてみたい!!と思う方もいると思うので少し調べてみましたが

やはり手間がかかっているということで一貫800円はするとのことでした。。

 

いつも回転寿司しか行かない自分にとっては手も足も出ないですね・・。

自分は大人しくレシピ通りに家で熟成させて食べようと思いますw

 

ではでは、今回はこの辺で失礼します!!